Work smart & Play smartをテーマに活動中!

これからの時代どう働いて、どう遊ぶ?

 

自分にとって大切なこと、大事なものを守るために今できること一緒に考えてみませんか?




失敗した次の日

こんにちは!

 

女優ジュリア・ロバーツさんのインタビューで、

演技をした後の周りの反応について語られています。

 

うまくいった時はポジティブな反響が帰ってくるけど、

「よくなかった」というネガティブコメントをもらう時も。

 

大変なのは「失敗するリスク」を気にせず、

次の撮影の時自分が感じたように演技をすること。だそうです。

 

失敗してしまったとことは、大小含めて誰でもあると思います。

 

失敗が大きければ、そこから立ち上がるのは大変。小さいものでも凹みます。

自分はダメなんだ、、、というネガティブなスパイラルにはまる前に

一つできることがあります。

 

それは、

「何のためにしているか」思い出すこと。

 

例えば

演技をする時、自分は何を表現したいのか?

この演技をしたいっという思いはどこからきたのか、思い出すこと。

 

これは、毎日の生活の中でも同じで、

行動理由が明確になれば、

失敗からの立ち上がり方も自然に見えてくると思います。

 

自分の情熱を思い起こす。

 

すぐに思いつかない時は、

「自分の情熱って何?」と考える機会になるのかもしれませんね!

 

ではまた!

 

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

続きを読む 0 コメント

誰の理想を追いかけてた?

こんにちは!

 

この前、「みんな仲良く」の重圧にさよならという記事を見かけました。

 

内容は社会学者の父親が、

人付き合いに悩む娘や同じ境遇の子供達のために書き上げた本「友だち幻想」の話。

 

本では「みんな仲良く」という発想から離れて、

より良い関係を築くために、他人との距離感、

自分にあった付き合い方を見つけることの大切さについて書かれているみたい。

 

私たち多くの人たちが親や先生から

「みんな仲良く」するようにと言い聞かされてきました。

 

こういう周りの理想って私たちを囲むように存在しています。

 

常に完璧でいなきゃいけない。

みんなに気配りできる人にならなければいけない。

周りに喜んでもらえるよう、自分の行動を変える。

何でも引き受けなければいけない。etc...

 

そして、この理想によって苦しい思いをすることもあります。

 

〜できなくて、期待に応えられなかったらどうしよう?

〜さんは私のことどう思っているかな?

 

無意識に他人の理想の中で生きる選択をしてしまっていることも。

 

でも、気づくことができれば『自分の理想』は何か、探るきっかけになります!

 

自分の理想を見つけることが、充実した生活に繋がるのではないでしょうか?

 

ではまた!

 

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

続きを読む 0 コメント

選ぶ決め手

こんにちは!

 

私たちは毎日選択しながら生きていますが、

就職みたいな少し大きな選択をする時、何を基準に選んでいますか?

 

例えば、仕事選びのための情報たくさんネットで見つけることができます。

職種は何にするか、企業選び方、会社の雰囲気など。

社員の「やる気」を格付けして、会社との相思相愛度を公表しているところもあるみたい!

 

情報はたくさんあるけど、最終的な決断は自分で決めなければいけません。

 

私も自分の選択の仕方を少し思い起こしてみました。

 

今までいろんな選択をしてきてそこで共通していたことは、

「楽しそう」と思えるかどうか。

 

留学を決めた時も、周りで留学している人たちを見てこう思いました。

「大変そうだけど、ものすごく楽しそう!」

 

私にとって「楽しさ」は、

困難や苦労を乗り越えるために重要な原動力なのかもしれませんね!

 

あなたの選ぶ基準はなんですか?

 

ではまた!

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

 

 

 

続きを読む 0 コメント

娯楽に助けられた!

こんにちは、

 

先日NHK News Upのオンライン記事で娯楽について取り上げられていました。

 

タイトルは「娯楽がないと人間でいられない

先週起こった北海道地震の影響で全道が停電。

電気のない間ボードゲームやカードゲームが被災した人たちの心を癒してくれた。っという内容

 

私が住んでいる地域も約丸2日間停電して、

私達も久しぶりにUNOをやりました。

 

カードの色など見えづらい中(小さな充電式ライトを使っていたので)、

負けず嫌いな自分を抑えられず、真剣に勝負してる自分に笑ってしまったり。爆

 

いつ余震がくるかわからない不安や緊張感をゲームが和らげてくれた気がします。

 

娯楽に助けられた!という感覚は過去にもあります。

 

ずーっと働きづめで気分が晴れないことが1年ぐらい続いた時、

友達の家でテレビゲームをする機会がありました。

 

その時みんなでやったのは、リズムに合わせてボタンを押すというゲーム。

ボタンを押すタイミングが合うと、画面上のストーリーがスムーズに進んで、

タイミングが合わないと、ストーリー上のキャラクターが失敗をして時にはブーイングが起こる。

っといった感じ。

 

失敗した時のキャラクターの顔が私のツボにドハマりして、

腹の底から笑いがこみ上げました。

 

その感覚はとても新鮮、同時に懐かしかった。

長い間笑いのない生活していたんだと気付かされました。

 

笑いが収まって感じたのは、

『これだよ、これ!生きてるってこういうことだよね!』

 

いろんな感覚を一つ一つ呼び戻していくことで、日々の生活にハリが出てきました。

 

そのきっかけを作ってくれた娯楽に感謝!

 

ではまた!

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

 

 

続きを読む 0 コメント

今日の調子は何パーセント?

こんにちは!

 

先週テレビ番組の中で紹介されていたIT関係の会社で行われている、

社員さん達とのやりとりがとてもユニークだったので紹介します。

 

そこの会社では在宅勤務の社員さんが、

その日の調子をメールで毎朝上司に報告しているみたい。

 

そしてそれに合わせてその日の仕事量などを調節しているらしい。

 

調子というのは「体の調子」だけではなくて、

社員さんの気分も含まれているのが驚き!

 

「今日は気分が落ちているので25%です。」

みたいな。

 

日々の体や気分の調子を知っておくのは、

その一日をどう過ごすか決めるのにとても重要。

 

調子があまりよくなければ、

「休む」という行為の優先順位が高くなります。

 

この会社で行われている取り組みは、

私も日々取り入れられることだなぁ

 

週末これやろう!っと思っていたことたくさんあったけど、

少し疲れていたので、色々取りやめ。

 

でも1つのことに集中して取り組めたので、

私の中では結果オーライ!

 

ではまた!

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

続きを読む 0 コメント

シャイニングマンデー!

こんにちは!

 

友達が教えてくれたのですが、

シャイニングマンデーっていうもの(キャンペーン?)があるらしい。

 

調べてみると、月曜日の午後から出勤しよう!っていうものみたいで、

プレミアムフライデーの時みたいに、土日と連続した休みを増やすっていうのが目的みたい。

 

浸透するかどうかはわからないけど、

こういう一律キャンペーンみたいのがないとやっぱり「休みづらい」のかな?っという印象を受けます。

 

私がいた以前の職場は、休みづらかったです。

普段の週末休、祝日も含め、休みにはかなりネガティブなイメージがある場所でした。

 

そういう環境に長い間いると、

休むことへの罪悪感が生まれてきます。

 

そうなると心配や罪悪感で、

お休みの日も休めた感じがしません。

むしろストレスです。

 

罪悪感が生まれる時は、

周りにフォーカスしていることが多いです。

 

なのでまず、

自分にフォーカスを置いて状況を考えてみる必要があると思います。

 

特に大切なのは、

自分がしてきた事・仕事内容を客観的にみてみることです。

 

客観的に自分のこと把握してみると、

達成したことは自信につながり、改善点も自然と見えてくると思います。

 

自分がどれだけやってきたかを把握してみた結果、

結構やってるじゃんって思うこともあるかも!

 

前回紹介した本『REST』に書かれていたように、

休みをとることは仕事にもメリットがあります。

 

こういう考えがもっと広がれば、休みも取りやすくなるのかな?

 

ではまた!

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

続きを読む 0 コメント

実験から学んだこと

昔研究者として働いていて、

普段の生活に応用できる重要なことを学びました。

 

それは、

やり方を変えないと、違う結果が出ない

 

実験を計画する時、様々な条件を変えてそれがどう結果に影響するかを測ったりします。

同じ条件を繰り返せば、実験結果も同じ。

 

毎日の生活で、ここを変えたい、改善したい!っと思ったら、

何かを変えないと(やり方、気持ちの持ちよう、周りとの関わり方など)、結果はついてこない。

 

心理学博士のDr. Wayne W Dyerも言ってたっけ、

Stay with the familiar makes growth almost impossible

 

簡単に訳すと、

いつも慣れ親しんだところにいると成長するのが困難である

 

わかっちゃいるけど、なかなか難しい。気づいたらいつもの行動パターンに乗っ取って生活していることが多いです。

いきなり大きく行動を変えるのも勇気がいるから

まずは、いつもより30分早く起きて勉強してみる等、

小さくても「今自分ができること」に集中して行動を起こしていくのがいいのかもね!

 

ではまた!

 

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

優先順位はどうつけてた?

前回のブログで私の優先順位のつけ方について書きました。

 

1日に自分のためにしたこと何個ぐらいありましたか?

 

「全くなかった、ほとんど周り人のためのことしかしていなかった!」

ってことはありませんでしたか?

 

私もそういう時期がありました。

確かに人のために何か行動をすることは良いことだし、

感謝されたり、ありがとうと言われると気分も上がります!

 

でもそれはバランスがとれていれば。

 

周りのことを優先し、自分のことを後回しにしすぎると、

「あの時せっかく〜してあげたのに」とか「苦労してここまでやったのに!」など、

なんだかイヤーな気持ちになってしまいます。

 

そうならないために、オススメしたいのは

「自分のためのやることチェックリストを作る」

 

周りの要求を無意識に優先してしまう人達は、自分の要求を忘れやすいです。

なので、1日の始めにその日自分のために行うことをリストアップしておく。

(例:10分運動、30分創作活動する、など)

 

夜寝る前にそのリストを見返して、

チェックリスト全部のことができていれば、やった〜!

そうでなければ、どうしたらできるようになるか考えるきっかけにもなります。

 

私もそのリストほぼ毎日作って実行しています。

リストの一つは、家族との時間。

同居猫たちとの時間は私にとって宝です!

 

みんなもぜひリスト作ってみて!

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

 

ではまた!

続きを読む 0 コメント

優先順位はどうつける?

自分にとって大切だ!重要だと思うことに時間を割くことは、

充実した感覚を感じるのに大切だと思います。

 

ここ最近気がついたのですが、私の「やることの優先順位のつけ方」に問題が。

 

今すぐしなければいけないと思っていること(例:メールの返事をすぐ書く)と、

自分にとって大切なことがごっちゃになっていることが発覚!

 

自分にとって大切なことを長いことおこなっていないと、様々な弊害が、、、。

1)幸せ・充実感が下がる

2)イラっとしやすい

 

ごっちゃになっていないか、Checkの仕方は簡単。

1日にやったことを箇条書きしてみて、

自分のためにしたことは何個あったか確認してみる。

 

なんでかわからないけど、気分が悪い。

っというのが自分のやることリストを見直した結果少なくなりました。

 

みんなもぜひやってみて!

 

充実感が感じられない?

バランスアセスメントをCheckしてみてね〜

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していないかた、登録お願いします

 

ではまた!

続きを読む 0 コメント

失敗を経験する

こんにちは!

 

この前飛行機の機内雑誌にこんなタイトルの記事を見つけました。

「失敗を経験する」

 

失敗ってなんとなくイヤな響きだし、

「失敗したくない」と誰もが思うこと。

 

でも見方を変えて、失敗してよかった!

と思ったことあります。

 

1)失敗から学ぶ

失敗から学べること沢山あります。

そして失敗の後に学んだことはよく憶えてる!(もう同じ失敗をしたくないから!笑)

 

2)自分のことを知るきっかけになる

私たちの人生は選択の連続!

選択に失敗したら、自分に合っている選択はどれだ?

と考えるきっかけにもなります。

 

失敗も、そこから学ぶことに気がつけば結果的には良い出来事の一つ?

 

ではまた!

 

続きを読む 0 コメント

直感をどこまで信じるか

なんの根拠もないけど、

「これやってみよう!」とか「なんとなくやめておこう」

っていう感覚持ったことありませんか?

 

今までに、何回か直感に従って人生や行動の選択をしたことがあります。

 

これまでの経験では、直感に従ってよかった!

っと思えることの方が後悔より多かったです。

 

それは多分「自分の意思で選択した」

っということだからなのかもしれません。

 

なので結果を受け入れやすい、というのもあると思います。

 

選択をしたその後の未来(結果)が出るのはいつになるかわからないし、

実際5−6年後に「あの時自分を信じてよかった!」なんて経験もしたこともあります。

 

直感で難しいのは、見極めること!

直感なのか、ただの思いつきなのか?

 

みんなは直感とどう付き合ってる?

 

ではまた!

 

 

続きを読む 0 コメント

休みってなんだ?

こんにちは!

 

楽しくて仕事についついはまってしまうことありませんか?

 

自分の興味のある事だと帰宅した夜、週末などに仕事してしまったり。

 

The Research is Clear: Long hours backfire for people and for companies

by Sarah Green Carmichael

 

↑の記事では慢性的な長時間労働が引き起こす、

体やワークパフォーマンスへの影響が紹介されています。

 

長時間労働は様々な判断、決断能力にも影響を及ぼすという報告もあるみたい。

 

そこで思い出したのは、友達のセリフ

「本当の仕事は家に帰ってから始まるんだ!」笑

 

ということは、

休みは無償の仕事(家事など)と切り離して考えなきゃいけない。

 

有償・無償の仕事から頭を切り離すことができる、

趣味や自分の時間を持つ習慣をつけるのがいいのかもね。

 

私は自然が好きだから、最近は家庭菜園にはまってます!

 

みんなにとって休みって何?

 

have a great long weekend🎶

 

ではまた!

 

 

続きを読む 0 コメント

emotional intelligence

https://hbr.org/2017/12/break-the-cycle-of-stress-and-distraction-by-using-your-emotional-intelligence?referral=03758&cm_vc=rr_item_page.top_right

0 コメント

スケジュール詰めすぎの副作用

やることリストってみんな作ってる?

 

やること忘れないように、

私はその日やることを箇条書きしておくようにしてます。

 

頑張って、今日のうちにこれを終わらせてしまおう!

っとついつい一日のタスクの量を増やしてしまって、

生産性を上げるつもりが下がってしまっていた事があります。

 

1)休む時間が減る

頭が疲れていると、集中力も低くなって効率も生産性も下がってしまう気がします。

頭を使いすぎると、クールダウンするのにも時間がかかるように思います。

 

2)がっかり感が生まれる

その日にやろうと思っていたことができてないと、なんとなくスッキリしない。

「できなかったなぁー」とか「もっとできたはず」など、ネガティブ思考になりやすくなります。

 

2番目のがっかり感は、

気がつかないうちに自分の中で大きくそだってしまっていたこともあります。

 

自分に厳しくっと突っ走る事もできるけど、

長いスパンで継続していこうと考えると、ポジティブに自分を応援していきたいなぁ。

 

最近はタスクの量をかなり少なくしてます。

まだまだ入れられるんじゃないの?と思うところでストップ!

 

一日の終わりに全てのタスクが終わっていると、

それだけで満足感が上がるし、ラッキー!

急にやらなければいけないことが入っても、ダイジョーブ

 

自分が一日に集中しながらできるタスクの量を知るためにも、

スケジュール入れすぎないやり方オススメかも

 

みんなはどうやってスケジュール管理してる?

 

ではまた!

続きを読む 0 コメント

成功するためには自分からの許可が必要!?

この前こんな記事を見つけました、

`Why You Need to Give Yourself Permission to Succeed`

なぜ自分からの許可が成功するために必要か。

 

記事の中では

「お金、知識や才能は成功に大いに関わっている、

だけど自分を信じる力にも重要な役割がある。」

と語っています。

 

この記事のタイトルを見た時に思い出したのが、

大崎麻子さんの著書「Empowerment」

 

本の始まりのところで大崎さんは私たちに周りにある「呪い」について語っています。

’普通はこうだ’’こうあるべき’ という固定観念が呪いという形で表現されています。

 

固定観念が強すぎると、

そっちに気をとられてしまって様々なチャンスを潰したり、見えなくなってしまうかも。

成功の妨げの要素になりうる。

 

こういう固定観念は私たちの生活の意識の中に溶け込んでいるので、

気づくのにはコツや時間がかかります。

 

でも、そこに気づきさえすれば

「次のステップどうしようかな〜」と選択肢が増えるので嬉しいと思ったり。

 

ではまた!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していない方、登録おねがします。

コメントも待ってまーす。

 

 

続きを読む 0 コメント

幸せと成果の関係

こんにちは!

 

ここまで成果を出せば、今いる状況が良くなるはず!

って思ってゴールを設定して、いざそこにたどり着いた時「あれ?」って思ったことありませんか?

 

私は過去にそういう経験したことがあります。

 

その時持っていたネガティブな気持ちは、きっと今いる状況が関係している。

学業、仕事で成果を出し続ければ状況も改善されて、全てが良くなるはず!

と思ってゴールに向かってまっしぐら!

 

でも目標地点にたどり着いた時の気持ちは、実際ちょっと違ってました。

 

嬉しい気持ちがこみ上げてくると思ったら、何もこみ上げてこない!?

逆に虚しさがこみ上げてくることもありました。

 

自身の経験から、3つの要素が絡んでいるのではないかと思います。

 

1)誰のための成果だったのか?

自分のためにきまっているでしょ!っと思うかもしれなけど、

周りに認められるため、など他者が関係していることも。

 

2)意図は?

そのゴール設定の意図はなんだった?

競争?周りがそうだから?etc

 

3)その成果にたどり着くまでの経緯

成果を出すまでのプロセスの中での自分の気持ちの持ちようは?

 

この経験から、自分にとっての成功ってなんだろう?

っと考えるようになりました。

 

あなたにとって成功ってなんですか?

 

ではまた!

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していない方、登録おねがします。

コメントも待ってまーす。

 

続きを読む 0 コメント

悩みの回し車

こんにちは!

 

ついつい、いろんな事考え過ぎちゃって何も手につかず時間だけが過ぎていくってことないですか?

昔よくありました、今もあるけど!

 

悩んだり考えすぎた結果、

悩むきっかけとなった問題とはかけ離れたことが頭の中ぐるぐるしていた!

なーんて。

 

もう気分はまるで自分が回し車に乗っているよう。

 

悩みのキッカケは私たちの周りに沢山あります。

人間関係、仕事、お金、将来、過去の失敗、自分の言動、家族との関係 、天気etc.

 

あの時こうしておけばよかった、とか

何か裏があるんじゃないの?と考えたり。

 

一人頭の中でだけで考えていても答えの出ないことばかり!

 

私は気づかぬうちにその悩み・考えのループに、

何週間、何ヶ月もはまっていたこともあります。

 

最近その悩みの回し車からの降り方を習得!

 

1)まず気づく!

私の場合、部屋が徐々に散らかってきて、そして冷蔵庫の中の野菜がシワシワに、、、。

悩みの回し車状態になると、集中力がだんだんなくなってくる気がします。

 

2)体を動かす!

気が向かなくても、5−10分体を動かす、または散歩に出かける。

頭に集中していて偏っているエネルギーを体全体に回してあげると、

頭がスッキリしてきて、今何をすべきか優先順位をつけられるようになる気がします。

 

3)セルフケア

こんなことに時間を使って私はなんて弱くて、できないやつなんだ!

っと責めるのではなく気づけたことを褒めて、自分のことをよりよく知って次に繋げる。

 

悩みの回し車の外って楽しい!

 

悩みのループはまったことある?どうやって抜け出してる?

 

ではまた!

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していない方、登録おねがします。

コメントも待ってまーす。

 

続きを読む 0 コメント

やってみなはれ〜

Hello!

 

今NHKの連続ドラマ、「マッサン」がBSで再放送されてるみたい。

登場する鴨居商店の大将(モデルはサントリーの創業者、鳥井信治郎氏)のセリフ、

 

やってみなはれ!

 

自信がなかったり、弱気になっている時ほど、無意識に物事諦めていることもあるから、

やってみよう!っと思う事も大切だなぁと思ったり。

 

過去の留学中、無意識に持っていた考えに気づいた出来事があります。

それは「私は〜だから、〜できない」、という考え方。

進学したい大学を選んでいる時「この大学は私には難しすぎるから、きっとムリだな」

という考えを無意識に持っていました。

だからトライするつもりも全くありませんでした。

その時、友人の母親から『やってみなければわからないじゃない?』と言われて、
試してもいないのにすでに諦めている自分に気がつきました。

希望していた大学には進学・卒業する事もできました。
あの時、無意識に自分で自分の可能性を閉ざしていたのだと初めてきがつきました。

 

もしあの時、トライしていなかったらどうなっていたんだろう?

大学生活で出会った大切な友人達にも出会えてなかった?

想像するのが怖いです!笑

 

無意識に諦めるだけじゃなくて、

エンパワーメントの気持ちを込めて、

`やってみなはれ〜`と自分の背中をポンっと押してあげる大切さをこの経験から学んだのかな。

 

みんなはどういった言葉、自分にかけてる?

 

ではまた!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

まだ登録していない方、登録おねがします。

コメントも待ってまーす。

続きを読む 0 コメント

考えるだけで時間がもったいない、と思ってもやめられない

趣味でやってる家庭菜園。すくすく育ってまーす。
趣味でやってる家庭菜園。すくすく育ってまーす。

こんにちは!

 

先日街を歩いていたらこんな会話が聞こえてきました。

 

「考えても時間がもったいないだけってわかっているんだけどさー、きになっちゃって、、、」

 

なにやら人間関係の話っぽかったです。

 

自分にもそういう時あるなーっと共感。

きになると、ぐるぐる頭の中でそのことを、あーでもないこーでもない、気づいたらかなり長い時間が過ぎていた、、、。(たまに時間が過ぎている事にさえ気づかない)

 

最近そういうサイクルに入った、または入ってしまう前にできることは何か模索中。

 

1. 考えサイクルに入っていないかチェック

同じことを何度も考えてしまう、考えサイクルにまず自分がはまっていないか確認します。

考えサイクルには無意識にはまってしまうことが多いので、まずはそこに気づく事に集中。

 

2. サイクルを断ち切るための行動をとる

サイクルを断ち切るため、私は体を動かします。ちょい筋トレしてみたり、可能であれば散歩しにいってみたり。

最近は家庭菜園など、目的を明確にして活動すると自分の集中がいつのまにか考えサイクルから畑の方に移行しています。

 

この2つのことを頭に入れながら行動していて気づいたのは、

優先順位のつけ方。

 

考えサイクルにはまってしまっている時ほど、

優先順位の高いことが他にあるのに、それを避けている。

 

それまで頭の中がモヤモヤしていたのに、

優先順位を決めて、いろいろ片付けていくといつのまにか気分が良くなっていた!

なんてこと多々ありました。

 

集中力が上がれば仕事の効率も良くなってGOOD!

 

考えているばっかりではなく、効率よくその時間使いたいよね♪

 

ではまた!

 

最後まで読んでくれてどうも有難う!

登録していない方、登録お願いします。

インスタもみてね、izumi_ykitazawa

 

続きを読む 0 コメント

自分の声を聴くセルフケア

こんにちは!

 

セルフケアってきくと、

好きなもの食べ、欲しいものを購入したり、体のメンテナンスをしたり

物理的な行動を想像してしまうかも。

 

物理的な行動以外で私が取り入れているのはこれ!

自分の声を聴くセルフケア

 

やり方は簡単、今自分がどういう気持ちでいるのか聴くだけ。

 

不快な気持ちになった時、

その気持ちの原因と思われる人や、おかれている状況など自分の周りに集中しやすいです

 

そういう時

自分の声=気持ちや思い、に寄り添って、聴く。

それだけで気持ちも安らぐし、自分を理解する一歩に繋がると思います。

 

体が疲れている時ほど、周りに敏感になりやすいもの事実。

物理的なセルフケアと、声を聴くセルフケア、両方バランスよくとりいれていくのがいいのかも!

 

ではまた!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

登録していない方、登録よろしくお願いします。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

成功を重ねれば自己肯定感もアップする?

こんにちは!

先日、札幌市男女共同参画センターが主催していた講演会にいってみました。

 

講演者は横浜市の林文子さん、チラシに載っていた経歴はThe成功者!会社役員、いろんな会社の社長業を経験して今は横浜市長。

 

講演の序盤での林市長の言葉にびっくりしました。

「私は71歳まで自己肯定感を感じることができなかった」

 

え!?あの経歴で?

そして働く女性がまだ少なかった時代に働き続けた実績もあったのに?

 

林市長の講演内容を私なりにまとめてみたよ。

 

①彼女がどうやって当時女性をあまり受け入れてくれなかったセールスの仕事についたか?

行動しないと何も始まらないと思い、女性は採用しない!っと言われても熱心に応募したみたい。

そんな熱心な人見たことない、と興味を持ってくれた車販売店の支店長に販売の基礎を教えてもらったとおっしゃってました。

 

②セールスの知識もあまりない中でどうやって成功を収めていったか?

本能と女性特有の共感力を使って車の販売を最初の方は行っていたみたいです。

一期一会の気持ちでお客様にマナーを持って向き合ったと語っていました。

 

③部下との人間関係で大切にしてきたこと

苦労し、叩かれたこともたくさんあったけど、

前向きに「みんなと仕事ができて嬉しい!」という気持ちで部下を励まし、モチベーションを上げていった。

 

自己肯定感をなかなか持てなかった一つの理由は、

さんざん周りに叩かれ自分のやっていることに自信が持てなかったそう。

 

でも市長になって、待機児童問題に取り組んだりしている中で

自分がやってきたことは間違ってなかったんだ、

と感じられるようになってきたとおっしゃってました。

 

辛いことたくさんあった中でも

前を向いて、自分のやり方を貫いていった林市長はすごいなぁ〜!っと思ったと同時に、

パワーをもらった感じがしました!まさにエンパワーメント!

 

最後に印象的だった言葉をもう一つ、

「人には可能性がある」

部下との関係の話をされている時にそう話してました。

確かに、上司が信じて自分に向かってきたら、モチベーション上がっちゃうよね!

 

ではまた!

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!

登録もよろしくおねがいします。

続きを読む 0 コメント

この選択で、よかったのかな?

私たちの人生は毎日の選択からなりたっています。

 

小さなものから人生のターニングポイント!と思う選択まで、

選んだ後に「本当にこれでよかったのだろうか?」と思うことありませんか?

 

私もたまにふと、これでよかったのかな?と思う時があります。

 

そういう時いつもその選択をするの状況を比べてみたりします。

この時、特に注目するのは自分の気持ちの持ちようの変化

 

その選択を選んだことで自分がどのように変わったか、そして得たものと失ったものは何か

書き出してみたり、頭の中でリストアップしてみます。

 

私の人生のターニングポイント的な選択の一つは、前職を離れようと決断した時。

 

その職場から離れた後に得た幸せ、友人や家族との大切な時間、新しい環境や人との出会い、

自分と向き合う時間はかけがえのない体験で、今の私にはなくてはならないものです。

 

一方で選択には正解はないと思います。

違う選択をした時がどうなっていたかは誰にもわからないから。

 

でも、どの選択でもそこから学べることは沢山あるし、

また次に同じような選択を迫られた時のいい判断材料になるのではないでしょうか?

 

その選択が自分にとってよかったかどうか、その時はわからなくても、

時が経てばおのずと見えてくるものなのかもしれませんね。

 

ではまた!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

働き方に興味ある方、登録おねがします。

Instagram (izumi_ykitazawa) フォローもよろしくお願いします!

続きを読む 0 コメント

休みのジレンマ

今年の畑キャンバス!
今年の畑キャンバス!

こんにちは〜

 

大型連休のニュースとか見ると思い出す昔の話があります。

 

昔は週末や大型連休とかあんまり休めた感じがしませんでした。

 

「休んでいていいのかな?」

という気持ちがあまりにも大きかったから!

 

気が休まらないとすぐ仕事のこと考えてしまったり、

せっかくの時間をメールチェックなどに使ってしまって、

せっかくの楽しい時間が台無しーなんてことも。

 

仕事と休みをセットで考えるようになってからは、

休みの過ごし方が変わってきました。

 

私が特に気を配っているのは、休みの日「何を考えているか」。

仕事モードの頭では休めません、でも無意識に考えが仕事のことに、、、、。

 

まずそういう思考になっているか気付く。

 

気付けばこっちのもの!

シンプルな選択肢が自分の中で生まれます。

 

①このまま仕事モードの頭で休日を過ごす。

 

または

 

②頭や体を休ませて、リフレッシュさせる。

 

今までの経験上、②の良い点は、楽しい時間を過ごせるだけじゃなくてリフレッシュしたことで様々な面で効率が上がったり、良いアイディアが生まれやすくなる事。あと燃え尽き症候群になりにくくなり、持続性が生まれる。

 

①を選択すると、どんなに'休んでも'、休んだ感じがしない。

疲れた感じのまま、明日を迎える。

 

②と①の間をうろうろする休日もあるけど、

休む時間や休日と決めた日は②を優先的に選択できるよう意識してます。

 

自分の意識を変えていった事で、

一緒に時間を過ごした家族、友人との楽しい思い出が増えました!

 

最近の私の休日の過ごし方は、畑いじり!

体を動かしたりすると集中できるし、外で過ごす時間を増やす事で頭のスッキリします。

 

みんなは休日何してリフレッシュしてる?

 

ではまた!

 

最後まで読んでくれてありがとう!

働き方に興味ある方、登録おねがします。

Instagram (izumi_ykitazawa) フォローもよろしくお願いします!

続きを読む 1 コメント

自分の面倒を見ることはそんなに悪いことか?

こんにちは!

 

10年くらい前に友達にこう言われました、

「人に迷惑をかけない一番の生き方は、自分のことをまず大事にすること!」

 

それを聞いた直後に頭に浮かんだのは、

嘘でしょ!周りの人のことを気にかけながら〜、お世話になった人のために〜やらやら。

周り重視の考えで頭の中が埋まりました。

 

周りに迷惑をかけないようにするには、

できるだけ周りの困っている人たちの助けをしていくことが大切なんじゃないの?

 

でも次の質問で考え方が私の中で少しづつ変わっていきました。

 

「自分のことは自分がよく知っている、

その自分の面倒が見れなくてどうやって周りのサポートをしていくの?

 

確かに!

 

あとここでもう一つ気になったこと、

 

自分のことを大事に思うことに違和感を感じた、

そしてとっても自分勝手なことだと感じていた自分

 

でも本当に自分勝手かな?

 

自分のこと大事にして、気持ちに余裕があった方が困った人が急に現れても対応できるし。

気持ちに余裕があった方が、実力や能力を100%発揮できると思うし。

 

自分を大事にする=自分勝手、という考えはこの日から変わりました。

 

自分を大切にすることは、自分のためだけでなく周りのためでもあると今は考えています。

 

ではまた!良い週末を〜♪

 

最後まで読んでくれてありがとう!

スマートな働き方に興味ある方、登録おねがします。

Instagram (izumi_ykitazawa) フォローもよろしくお願いします!

続きを読む 0 コメント

来週の金曜日はプレミアムフライデー、、、だね。

こんにちは!

 

先日書店でこんなポスター見つけました。

プレミアムフライデー洋書・洋雑誌10%OFFセール開催! 2018年1月~12月

 

プレミアムフライデーってまだあったんだ!笑

 

そんなのあったね、すっかり忘れてた。

少なくとも私の周りではプレミアムフライデーだから〜行こう、〜しよう、飲みに行こう!

なーんて話題は一切ありません。

 

2017年2月24日から始まったこのキャンペーン、どのくらい浸透したのかな?

 

プレミアムフライデー推進協議会がまとめた実態調査(2017.3.15-2017.5.11)と意識調査(2017.6.22)がウェブサイトで掲載されています。

 

3回の実態調査でこのキャンペーン実施の今後の改善点に3回連続トップに選ばれたのは、

勤務する会社の経営陣の意識改革

だって。

 

1年経った今はどうなんでしょう、改革は進んだのかな?

 

このデータで面白いと思ったのはここ、

一般人実態調査ではプレミアムフライデーに対する期待感は高いこと。

 

早く退社したいと思う人は沢山いるということがここで伺えます。

 

実際に3回の調査中約20〜40%の調査対象の人たちが午後3時までに退社したみたいです。

でもまだ半数以上の人たちが利用できていないみたい。

 

中には早く帰宅したいけど「心のハードル」があってできないのかなぁ。

周りが利用してないから、〜さんや上司からどう思われるか不安、、、とか。

 

早く帰宅してもそのことが気になってしまうと気が休まりません。

 

プレミアムフライデーのウェブサイトの最後の方にこう書いてありました。

 

あなたはどんな、

月末金曜日を過ごしますか?

 

私はきっといつも通り家族と過ごします、せっかくだし本探しもそこに入れようかな♪

 

あなたは?

 

ではまた!

 

Thanks for reading my blog! Follow my instagram account izumi_ykitazawa

See you!


0 コメント

仕事以外にやることがあります!

「仕事以外にやることがあります」

 

これは過去に週末出勤を何度も迫ってきた当時の上司に伝えた言葉です。
私が以前研究者として働いていたところは、長い間職場にいる、週末出勤もする、という環境でした。

仕事以外にやることがある、そんなの当たり前。
人によって内容はそれぞれ、家族との大切な時間、自分のこと、趣味など。

ここで私が一番大切にしているのは、その中に’自分の面倒をみる’という項目を入れること。

自分の面倒?と思っている方、優先順位的に自分の事は一番最後という方がほとんどなのではないでしょうか?

自分の面倒をみるという行為で私が一番大切にしている事は、
自分がどういう気持ちでいるか知る事です。

なんでそれが大事かって?
それは日々行っている選択を決断する時の大切な材料だからです。

私たちは日々選択を迫られて生きています。
今の状況は、その日その時自分で選んできた選択で成り立っています。

今日は何食べようかな?
何を着ようかな?
どの本を読もうかな?

自分の気持ちと長い間向き合わずに生活していると選択の仕方がぶれてきます。

そして「周りの人たちがそうしているから」とか「親にそうしろと言われたから」という理由で選択しているといつの間にか、
「なんでこんなことになっちゃったの!?」なんてことになりかねません!

自分の人生なのに他人の人生歩んでいるみたい、、、。

そうならないためにも、自分の気持ちを理解する事はとても大切だと感じています。

自分の気持ちを一番無視してしまいがちなのは仕事中が多いと思います。
「仕事だから仕方ない」よく聞くフレーズ。

そして仕事中心に持っているエネルギーのほとんどを使ってしまうと、自分と向き合う事も困難になってしまいます。

冒頭で言った言葉は、ただ単に休日出勤したくないから、残業したくないから伝えたわけではありません。

自分の面倒を見ることがそれほど私の中では大切なことだからです。

仕事をすることは大切、でも仕事だけしていればいいわけではないと思います。
プライベートと仕事のバランスをうまくとる事によって、より良い仕事、生活が送れるのではないでしょうか。

最初にも書きましたが、生き方は人それぞれ、ワークライフバランスのとりかたも変わってくると思います。

社会の中で決められたルールに基づいたワークライフバランスという枠にハマるのではなく、自分にあったワークライフバランスとは何か個々に見つける必要があると感じます。

自分にあったワークライフバランスを一緒に見つけてみませんか?

 

ではまた!

 

ちなみに、

  1.  前職を離れる時、上司に良いポジションを勧めてもらいました。(仕事に対する考え方が違うので断りました。)
  2.  私が前の職場で働き始めた頃、「女人禁制の職場って聞いていたけどどうやって入ったの?」と周りからきかれてしまうほど女性の存在が薄い職場でした。私の後、女性2人入ったみたいです。そしてなんと一人は学会で賞を受賞するほどの活躍ぶりみたい!ちょっと前までマイノリティーだった存在の人たちが活躍できる職場が増えるのはとても嬉しい!

Thanks for reading my blog! Follow my instagram account izumi_ykitazawa

See you!

続きを読む 1 コメント

マラソンモード?それとも短距離モード?

こんにちは!

 

20代後半まで仕事・人生に対する姿勢は仕事=無心で頑張って成果を出す

私はこれを短距離モードと呼んでいます。スプリント的に突っ走るみたいな。

あ、ちょっと集中力が切れてきたな、、、と思ったら気合いで乗り越えてました。笑

 

好んでこの選択をしていたというか、無意識+この選択肢しか思いつかなかったという感じ。

 

最近気づいたのは、私は短距離モードだけだと長続きしない。

あとなんとなく20代前半に比べて効率+クリエイティビティーが落ちたなぁという感覚。

 

大崎さんの著書にも書いてあったけど、人生時計の設定を人生80年で計算すると30歳は午前9時だって!

これはペース配分をちゃんとしないと!と実感。

 

しかもREST BOOKでも紹介されていたけど、

休むと自分の満足度だけじゃなくて仕事にも利益が生まれる可能性があるという研究結果も報告されてきてるみたい。

 

結果、今は意識的にマラソンモードを選択するように日々過ごすようにしています。

 

でもね、今いる状況・環境をすぐには変えられないのが現状。

短距離モードを選択するよう求められたり、それが必要な時もあります。

 

こんな時はこれ!↓

続きを読む 0 コメント

長時間労働=生産性アップってほんと?

こんにちは、今回紹介したいのは

 

REST: Why you get more done when you work less by Alex Soojung-Kim Pang

 

この本は私のメンターから紹介してもらった本です。

読み終わるまで私の開いた口はほぼ塞がりませんでした。笑

 

Alexさんは脳科学哲学著名人達の働き方自身の経験などを織り交ぜて、

「長時間労働=生産性アップ」というコンセプトに疑問を投げかけています。

 

彼自身も以前は「長時間労働=生産性アップ」を信じて働いていたそうです。

それがSabbatical year(長期研究休暇)をとった先で、生産性に劇的な変化が!?

 

私も「長時間労働=生産性アップ」無意識に信じてやっていました。

週末も研究のことが頭から離れず、頭はほぼ年中無休で働かせていたかも。

その結果、燃え尽き症候群っぽくなりアイディアの質やクリエイティビティーがガクッと落ちた時期もあります。

 

でもただ休暇をとればいい、というわけにもいかないようです。

本の中で休み方にコツがいる(deliberate rest)とAlexさんは著書の中で語っています。

 

ここで紹介したいチャプターはScience of Rest(休憩の科学)です。

最近はfMRI (functional magnetic resonance imaging)スキャンPET (positron emission tomography)スキャンEEG (Electroencephalography)

などの技術を駆使して人間の脳内活動をLiveで見られる時代です。

 

研究でわかってきたことは、

 

①休んでいる時・何もしていない脳で見られる活動、DMN(Default mode network)が存在する

②クリエイティビティーの高い人ほど特定のDMNのコネクションが強い傾向にある

③mind wonderingがクリエイティビティーを高める可能性を示唆する研究結果が報告されてきた

 

仕事中心の視線で見ると、

休みの間目に見える結果が生まれない=時間の無駄

と扱われがちですが、脳科学の研究報告を見るとこの考え少し違っているのかも。

 

この分野の脳科学は始まったばかり、これからの進展が非常に楽しみです!

 

この本で紹介されているような研究や知識が広がっていくことで、

休暇や仕事のやり方に対する認識が少しずつ変わっていくのかもしれませんね。

 

過労死が社会問題になっている日本だからこそ、日本からこういう研究がどんどんおこなわれますように!

 

この本を読み終わった時、私の頭に浮かんだのはこういう将来↓

AI (artificial intelligence)ができる仕事はAIに任せて人間が休む時間、遊ぶ時間を作ってもらう。

そして私たちは人間にしかできないクリエイティブな仕事に専念できる

 

こんな夢のような時代の可能性がすぐそこまできてるかも?楽しみー

 

効率よく働きたい、仕事で自分のベストを尽くしたいという方、研究者、ビジネスを成功させたい経営者の方達にオススメ。

この本なんで日本語で出版されないのかなー?

 

ではまた!

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

EMPOWERMENT

先日こんな本を見つけました。

 

EMPOWERMENT エンパワーメント、働くミレニアル女子が身につけたい力 by 大崎麻子

 

エンパワーメントは私もすごく興味があり、生きていくために大切なことだと思っていたので早速読んでみました。

 

本の題名だけだと、女の人のための本という感じだったのですが、

ジェンダーに関係なく知っておきたいことがたくさん詰まっていました。

 

私が特に気になったのは

第2章のクリティカル・シンキング 人生を自分でプロデュースするための基礎力

 

大崎さんは本の中で、「納得できる選択を自分でする」大切さを語っています。

そして「自分で決める力をつける」そのために必要な要素をとてもわかりやすく説明してくれています。

 

これは女性、男性関係なく自分らしく生きていくために必要なことです。

 

私たちの毎日は選択の嵐、自分の納得できる選択をするためにはまず「自分がどういう人間か」、

そして「自分にとって大切なことは何か」を知る必要があると思います。

 

第3章ではレジリエンスについて語られています。

大崎さんはレジリエンス=困難な状況から回復するチカラと説明しています。

 

彼女が今まで関わってきた支援事業(大崎さんは元国連職員)や調査から見出した、

私たちが身につけたい4つの力が記されています。

働き続ける力

学び続ける力

助けを求める力

繋がる力 

このリストを見て、は!っと思ったのは③助けを求める力

 

無意識に「自分の問題は全部自分で解決しなきゃいけない」、「困っていても周りに悟られてはいけない」など、

私もたくさんの「呪い」(本の中で呪いについての説明もしてあります、きになる方は本を読んでみて!)に取り憑かれているんだなぁと認識。

 

他にもたくさん役立つ情報、私たちが今すぐできることなど書いてあってこの本はとってもためになりました。

大崎さん、本を書いてくれてどうも有難う!

 

エンパワーメントに興味ある方、幸せに生きるって何?と思っている方オススメでーす。

 

ではまた!

 

続きを読む 1 コメント